• HOME
  • コラム
  • 過去のコラム 2013年
  • パチンコ店経営・営業の課題を考える:「戦略が合っているが戦術の実行レベルが低いのか、それとも戦略そのものが間違っているのか?」
パチンコ店経営・営業の課題を考える:「戦略が合っているが戦術の実行レベルが低いのか、それとも戦略そのものが間違っているのか?」

パチンコ店経営・営業の課題を考える:「戦略が合っているが戦術の実行レベルが低いのか、それとも戦略そのものが間違っているのか?」

  店舗の方向性を考える場合

(例えばスロット専門店とするのか、

大型化するのか、低貸専門店とするのか等)、

様々なリスクをご検討され、

自社なりのシミュレーションを行われるかと思います。

  ところが実際に決定した方向性に基づいて、

営業を進めて行っても、

結果が想定以上に悪いこともあり得ます。

 

  このように結果が伴わない戦略的な意思決定をした場合、

戦略は合っているが戦術の実行レベルが低いのか、

戦略そのものが間違っているのか、

どちらか冷静に確認できる仕組みをお持ちでしょうか?

 

  戦略そのものは合っているにもかかわらず、

戦術の実行レベルが低いために結果が伴わない場合、

戦略の妥当性をしっかりと検証できていない状態の中で、

安易に戦略そのものを変更してしまうことは、

投資損失の観点で大きな損害を企業にもたらします。

 

  このため、戦略の妥当性を

しっかりと検証できる仕組みが伴った上で、

戦略の方向性を打ち立てることが大事になります。

 

  また、戦略の方向性が間違っているにもかかわらず、

戦術の実行レベルが低いのが、

結果が伴わない要因ととらえてしまい、

戦術の強化をひたすら繰り返すことも考えられます。

 

  このため、戦術の実行レベルをチェックできる仕組みが必要となります。

 

  貴社には戦略の妥当性を検証できる仕組みがありますか?

  また、戦略の妥当性を検証できる仕組みを作ることに

精力を注いでいますか?

  さらに戦術の実行レベルをチェックできる仕組みを持っていますか?

 

  戦略の妥当性や戦術の実行レベルを検証できる仕組みが無いままに、

大きな投資を行っている状況が見受けられますので、

貴社には無いということでしたら、

早急な整備をお勧め致します。

  業界環境が厳しい今日において、

喫緊の課題であるものと考えます。