• HOME
  • コラム
  • パチンコ店営業の課題を考える:「商いに期待されていること」
パチンコ店営業の課題を考える:「商いに期待されていること」

パチンコ店営業の課題を考える:「商いに期待されていること」

  先日、ワクワク系マーケティングを提唱されている、

小阪裕司先生のお話しを聞いてきました。

  小阪先生は私が尊敬する先生のお一人ですが、

その考え方の一端をご紹介させていただきまして、

今回は読者の皆様とシェアしたいと思います。

 

  小阪先生は、「商いに期待されていること」としまして、

「驚きと発見」と「心の拠り所」と「愉しさ」の

三つの要素が合わさった状態が必要であると主張されています。

  ここで言う「心の拠り所」には、

「愛着」と「信頼」という要素が必要と説かれています。

 

  パチンコ店ビジネスを考えた場合に、

遊技されるお客様がお店に足を運んだ場合を考えますと、

今の営業環境の中で、

「驚きと発見」を見出すことはあるのでしょうか?

  また、遊技中に「愉しさ」を

どの程度感じていただいているのでしょうか?

  さらにお店の営業努力の結果としまして、

お客様がお店に対して、

「愛着」や「信頼」を抱いていただけているのでしょうか?

 

  規制の問題はもちろんありますが、

「商い」の原点に立ち返った時、

いずれの要素も出来ていないとしましたら、

お客様からのご支持をいただけないビジネスと

なってしまっているものと考えます。

  規制の中でもできることはあるはずです。

  是非、「商い」の原点を考える

ひとつのきっかけとしていただけましたら幸いです。